育毛剤のタイプの違いと選び方

症状別育毛剤の違い

現在、沢山の育毛剤が市場に出ています。これらの商品のタイプや選び方について説明します。
育毛剤にはタイプがあります。それぞれのタイプは効果が異なりますので、購入前には確認して自分に合ったものを選ぶ必要があります。商品のタイプですが、大きく4つに分けられ、男性ホルモンを抑制するタイプ、血行を促進するタイプ、毛母細胞を活性化するタイプ、毛根に栄養を与えるタイプがあります。

育毛剤は4種類

男性ホルモンを抑制するタイプは、男性ホルモンを抑制することで抜け毛を防ぐというもので、男性型脱毛症に効果があるタイプです。
血行を促進するタイプは、栄要素を頭皮に浸透しやすいよう血行を促すものです。従来はこのタイプが多く発売されていました。
毛母細胞を活性化するタイプは、直接毛母細胞に働きかけることで、抜け毛や薄毛に効果があるタイプです。このタイプは、比較的効果が出るのが早いタイプといわれています。
毛根に栄養を与えるタイプは、髪の毛の成長に欠かせない栄養を補給させることで、発毛を促す効果があるタイプです。

自分の症状に合わせて選ぶのがポイント

この4つのタイプから自分に合ったものを探し、試してみることが大事です。
同じような症状の方でも、同じ商品が合うわけではないからです。ただし、商品によってはすぐに効果が出ないものがあるという点は注意が必要です。これはタイプによって異なります。また、荒れた頭皮に対しては効果が出にくいという点も注意が必要です。効果を出すには、生活習慣や頭皮の洗い方なども見直す必要があります。育毛剤はただ使えば良いというものではありません。薄毛など悩みの原因を探り、そのタイプに合ったものを探すこと、生活習慣を見直すことなど一方向からだけのケアではなく、他方向からのアプローチを考える必要があります。”